就職や採用にコネを利用するのは「アリ」?

2月に入って、多くの大学生が就職活動に本腰を入れ始める時期だと思います。ニュースなどでも就職に関する記事などが増えていますが、先日テレビの情報番組で就職に関するアンケート調査が行われていました。

 

質問内容は、「会社の就職や採用にコネはアリorナシ?」というもので、10代〜50代以上と幅広い年齢の約7000人がこれに答えていました。その結果、全体としては「コネの利用はアリ」だと答えた人は60%に達しています。

 

男女別に見ても、「アリ」と答えた人は半数以上で、男性の方が女性よりもコネの利用に肯定的な考えを持っているようでした。また、年齢別の結果を見ると、20代と40代以上で「アリ」の割合が高くなっています。

 

20代の中には現在就職活動中の学生も含まれるでしょうから、厳しい就職戦線で有利に立つためにはコネも利用するべき、と考えている人も少なくないのかも知れませんね。40代以降は年齢的に転職が難しいと言われていますから、転職先探しにコネを利用する人の割合が多くなっているのでしょう。

 

「コネ入社」と言えばあまり良くないイメージを持っている人も多いのかもしれませんが、20代の人の回答を見ても分かる通り、雇用情勢の厳しい現状では職を得るためにコネを使ったアプローチを試みることも一つの方法です。また、入社後に自分の力でコネを作り、それを仕事や転職に活かすのは当然の事ですから、将来の事を考えて有力・有益なコネクションを作れるよう努力していくことが大切なのではないでしょうか。



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決