転職は自己防衛の手段になることもある

転職をするということは、それだけ大変なことであり、できれば多くの人はしないで済みたいものと考えるのではないでしょうか。そのような転職に対して、前向きな人が増えており、特に若い20代の世代でそのような傾向があるということになります。
なぜこのような転職の傾向があるのかということを、メディアなどでは飽きやすい、忍耐力がないという理由で説明していることがありますが、大変な転職に対して前向きに考えるというのはそれだけで説明することはできないような気もします。

 

勤めている会社に未来を感じなかったり、やりがいを感じることができないということがあれば当然転職をするという手段はとられていくことになるでしょう。リストラされる人が増えたり、あるいは、サービス残業などが増えていくことで未来を感じることができなくなってしまう人もいることになるでしょう。

 

確かに飽きやすく、続かないという人も若い人のうちには多くいることになりますが、それだけでは決してないということを年配の人は知っておくべきということになるのではないでしょうか。若いということで、ある程度転職に対しても前向きに考えやすい時期であるとも捉える事もできます。

 

新入社員の人が、一年働き、二年目になろうとしている段階で転職を考えているという人も比較的多くいます。それが今の時代の価値感になってきているとも考えられるでしょう。職場の環境で追い詰められてしまうよりも、転職することができるという手段があったほうが、まだ良いということもできます。



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決