高卒で正社員

高卒者が正社員求人に巡り会うための5つのステップ

 「正社員として就職・転職したい!」そう考える高校・高卒者は、どうやって自分にあった求人を探し出すのか知りたいものですよね。どんな仕事につくかで人生が大きく変わることもあるので、就職・転職については将来もみすえて真剣に考えたいもの。就活を始める前に自分にあった求人をみつけるための研究をしてみましょう。ここでは就活のための5つのステップごとに、やること・考えることや参考になるお勧めのコンテンツをまとめてみました。

 

お勧めのサイト
高校中退者が就職するための行動

 

1.自分を知る

 

 まず最初の一歩は自分自身を知ることから始めましょう。自分はどんな事が得意か、どんな事が苦手か、これまでにやってきた事、今すぐ使える能力は何か?人と関わることが好きか?苦手か?など、紙に書いてまとめてみましょう。高校生の間に何に打ち込んだのか、何が達成できたのかなども、思いつく限り書きだしてまとめます。ここがアヤフヤなままだと、就活の途中で大切なことが判らなくなってしまいます。それと同時に、絶対にゆずれない条件は何か、どこまで下げられるか考えてみましょう。

 

2.沢山の情報を集める

 

 自分に合った求人を探すためには、一つでも多くの求人情報を集め、その中から選ぶといいでしょう。10の求人から選ぶより、100の求人から選んだほうが確率は高くなりますよね。そのためにもネット上で求人が探せる「リクナビNEXT」や「リクルートエージェント」など、民間業者には上質な求人が沢山集まってくるので必ずチェックしましょう。

 

3.最初のハードル書類審査に挑む

 

 沢山の求人の中から興味のある求人を見つけたらドシドシ応募しましょう。最初のハードルとなる書類審査を突破するためにも、魅力的な履歴書の作成が重要です。履歴書はあなたの第一印象を決めてしまいます。細部にもこだわり履歴書用の写真は写真館でプロに撮ってもらいましょう。履歴書の内容も工夫する事で大分印象が変わってきます。自分ではどう手直しして良いのか判らなければ、人材紹介会社などで添削してくれますから活用しましょう。

 

4.リラックスして面接に挑む

 

 面接まで通過したら、あとは企業側とあなたとの相性次第です。もちろん他の面接受験者に優秀な人がいれば内定から遠のいてしまいますが、採用側が見ているのは能力以上に「この人と一緒に仕事をしたいか?」なのですから、できるだけリラックスして飾り過ぎない程度にあなたの良さをアピールしましょう。面接前には聞かれそうな事をまとめて回答を用意しておくと、面接中に不意に質問されても焦らずに済みます。

 

5.入社準備をする

 

 晴れて内定がもらえたら入社の準備を始めます。仕事を続けていた人は退職届けを早めに提出しましょう。入社までに時間があれば、気分転換に小旅行に出たりリフレッシュするのも良いのですが、新しい職場で疲れが出てしまわない程度に留めたほうが良いです。入社日には気力と体力を万全に整えてください。せっかく手にした正社員のポジション、張り切って仕事に励みましょう!



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決