高卒の初任給や給料、年収を紹介します

高卒の初任給や給料、年収を紹介します

 

 

高卒の初任給・年収は?

2012年の高卒の初任給は、156,500円です。

 

 高卒の初任給や給料、年収は、大卒と差があるのが現状です。 職業別により若干の差はありますが、大卒の初任給は19万円〜20万円と前年に比べ2.3%増えているのに対し、高卒の初任給は156500円と、前年に比べ0.8%減少しており、学歴間の給料の差がさらに大きくなっています。また、就職する地域によっても、初任給の若干の違いがあるようです。

 

 

※高卒の給料は、入社してからの評価によって大卒よりも給料が上がる場合もあります。

 

 他にも、高卒でも給料が高い仕事や転職に役立つ資格などを取得できるチャンスもあります。働きながら資格取得して、給料アップが望めます。

 

年収

 高卒者の年収は、平均200万〜300万円です。あくまで平均年収なので、職種や企業によって差があります。大卒と比べると、30万〜50万ほどの差があります。

 

 

初任給が多い地域はどこ?

男性
1位 京都府 17.16万円
2位 東京都 16.97万円
3位 岐阜県 16.73万円
4位 奈良県 16.55万円
5位 愛知県 16.47万円

 

女性
1位 東京都 16.88万円
2位 神奈川県16.31万円
3位 愛知県 16.17万円
4位 大阪府 16.16万円
5位 群馬県 16.08万円

 

 

 

高卒就職者が多い職業
1位:一般事務

 高卒の民間企業への就職として人気の高い職種は、一般事務です。電話対応、来客応対、パソコンを使用しての業務、お茶くみなど、業務内容は多岐にわたります。仕事をしながら、簿記やパソコンの資格をとり、スキルアップを目指す方も多いようです。

 

2位:販売職

 販売と一口に言っても、その商品は様々で、職場により業務内容も変わります。ファッションに興味のある方はアパレル関係、本好きな方は書店など、自分の興味のある分野の販売を選択すると、仕事への意欲も高まります。

 

3位:製造業

 電子機器やOA機器、自動車部品など、仕事内容は様々ですが、製造業の企業では、3交代制や夜勤制が採用されているところも多いです。体調を崩さないよう注意が必要です。

 

4位:介護業

 医療施設での介護スタッフも、高卒に人気の職業です。こちらも、働きながらヘルパーの資格をとるケースが多いようです。仕事を続け、ゆくゆくは介護福祉士、ケアマネージャーなどの資格取得を目指す方もいます。

 

 高卒と大卒の初任給の違いは、スタート時点では、明らかに違いますが、入社してからが勝負になってきます。

 

 

 

 

 

まとめ

 どの企業に就職しても、大卒であっても仕事のできない社員を雇っておけるほどの甘い企業はありませんし、高卒であって、初任給が最初は低くても、努力次第で将来的に大卒の人より稼ぐことも可能です。

 

 

 

【併せて読みたい記事】

 



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決