やりがいか、安定か迷ったら

 高卒の場合であれば、これからの将来を色々と想像しながら就職活動をしていくことになりますが、そんな中で、目指している職種が派遣や契約社員ばかりで安定という面のおいて不安になってしまう人もいるかもしれません。そのような場合には、どのような考えを持って就活を進めたら良いのでしょうか?

 

活力の根源

 まず、やりたい、と思っている職種なのであれば派遣社員、契約社員だとしても挑戦してみる価値は充分にあります。もちろん、安定という面では不安になることもあるでしょう。しかし、ここで必要なのは職務に対する経験を積むことです。派遣や契約社員として最初に利用した人材紹介会社を一生利用するわけではありません。まずはやりたいと思っている職種に対する知見を深くする必要があります。

 

 職務に対する経験や知識が積み重なっていくと、派遣や契約社員ではまかなえないスキルなども勉強などを通じて獲得していくことができます。資格取得などが最たる例ですが、そのような努力を続けられる根源こそがやりたい、という気持ちなのです。将来的には安定し、やりたい仕事ができるようになるわけですので、一時的に派遣や契約社員として働くことも良い選択肢の一つです。

 

好きこそものの上手なれ

 やりたい、と思える仕事を見つけられる人は大変に幸せだと、よく言われています。好きこそものの上手なれ、という言葉がありますが、好きなものだからこそ人一倍の努力を苦とせずに実行できるものです。資格勉強然り、業務然りです。将来的な安定を勝ち取るために、まずは派遣や契約社員から経験を積むこともひとつの手です。



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決