自信を持って、一歩踏み出す事の大切さ。(20歳 男性)

がめろさん/20歳/男性/鉄工所

 

就職活動前に準備したこと

 私は高校を卒業して、フリーターをしながらフラフラした生活を続けておりました。しかし、同級生が大学で勉強したり、しっかり就職しているのを見て就職しようと思いました。しかし、勉強や人づきあいもは駄目だったので工場や力仕事をしようと思い、体力の無い私はまずは体力を作ろうと筋トレ、ランニングと自分を苛め抜きました。毎日、毎日、フラフラになりながら鍛えました。そして、自分への自信を少しづつ取り戻していきました。

 

 

就職活動で苦労した点

 就職活動で苦労した点は、高卒でしかも空白の期間があるので、そこを突かれるとなかなか厳しいものがありました。フリーター=なまけものと思われてしまい、悪印象になってしまいました。そこで、考えを変えてフリーターをしていた事を認めつつ、前に歩き出す自分をアピールすることにしました。筋トレをしたり、ランニングをして体力には自信のあること、やる気のあることをアピールしました。

 

 

就職活動を通じて得られたこと

 自分自身へのプライドを持てたということが大きかったと思います。プライドというよりは自信のようなものかもしれませんが。高卒でフラフラし続けていたら、目的もなく死んだように生き続けてたと思います。一歩踏み出して本当によかったです。

 

 

これから就職活動を行う人へのアドバイス

 高卒の就職はどうしても、未熟者として見られて厳しいものがありますが、若いからこそできる仕事もあると社会にでて思いました。思いっきりぶつかって跳ね返されて、またぶつかってを繰り返さばいつか絶対に報われると思います。そして、同時に口だけにならないように自分を磨くことも忘れないで下さい。高卒だからとあきらめないで下さい!あきらめたら、そこで終了です。



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決