転職する時に最終学歴が高卒であることは不利?

転職する時に最終学歴が高卒であることは不利?

 転職する時に最終学歴が高卒であることは不利かどうかに関しては確かに大卒という肩書に比べると最初の窓口の狭さを感じる事はあるかもしれませんね。募集条件などを調べてみても、やはり大卒という枠組みでの求人も見当る点を考えれば、不利と感じる事も有るでしょう。

 

 ただし、例え高卒の転職であったとしても、本人の資質や経験によっては企業に求められる人材として期待が持てることをプラス思考で考えてみるのが良いと思います。社会に出てからは経験や実績を積み重ねながらスキルアップしていく事で、机上の勉強よりもずっと即戦力として企業や現場に貢献できる人材に育っていくことができるはずです。

 

 

転職は学歴より実務経験が大切


 転職の場合には、何をしてきたか、そして何ができるか、という点も採用の大きな判断材料になります。つまりは、高卒だからとか大卒だからという冠よりも、実力主義で勝負の世界です。

 

 例えば人材不足が常に懸念される介護の現場などは高卒者にも大きな扉を開いていると考えて良いでしょう。

 

 また、介護の現場でしたら未経験のケースでも受け入れてくれる職場は沢山あります。スタート時は未経験でも実務経験を積んで行くうちにプロとしての意識や実力も育成されます。その間に必要な資格を取得すれば将来的にも尚活躍の場が広がります。介護業界の資格にはいくつかの種類も有って、段階を踏みながらステップアップをしていく事もできる点も良いですね。

 

 他にもオフィスワークなどでも、高卒が初めから正社員採用されるのが難しければ、派遣登録などで実務経験を積む検討をしてみるのもひとつの方法です。例え派遣社員であったとしてもそこで実務経験を積むことができれば、将来正社員の道に一歩前進することは確かです。

 

 工場などの現場スタッフなども高卒の馴染みやすい職種ですが、転職ではやはり腕に技術を付ける為には何よりも実務経験が大切です。

 

 いずれにせよ、まずは何らかの形で実務経験を積んでから転職という人生設計でも構わないと思います。高卒が転職を考える場合にはそうした実務経験、あとは学歴代わりに関連の資格を取得すると尚有利になる事でしょう。



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決