なかなか就職が決まらない!


 この就職氷河期に、就職活動をするという事自体大変だろうと思います。就活の失敗が続く中、就活が原因で自殺する学生も毎年でています。
応募しても応募しても多数の会社に断られ・・心が鋼ではないと就活を続けていくことは、とてもじゃないですが難しいでしょう。お疲れ様です。

 

 さて、就職活動ですが、在学中にしておくべきことがいくつかあります。既にやったよ!というものばかりでしたらごめんなさい。

 

1、 合同企業説明会への参加
2、 学校へ来る企業の説明会
この1、2で希望したい企業を絞ります。
そして以下の3、4、5で希望したい企業にアタックします。

 

3、 自己分析
4、 企業研究・業界研究
5、 希望する企業への面接

 

 この1〜5を繰り返し、複数の企業との面接や申込みを、同時に行う。ここまでが学生がする、一般的な就活です。

 

 これでも内定がみつからなかった場合、以下のような問題があるかと推測されます。

 

・面接の印象、答え方が良くなかった
(面接官のポイントは「一緒に働いている所をイメージできるかどうか」です。また、印象は2秒できまると言われており、部屋に入ってきた瞬間が重要です。)
・履歴書の書き方がよくなかった
(基本的な書き方ができてない、もしくは志望動機がはっきりしてない人が多いそうです)
・企業研究や自己分析が足りなかった
(とにかく、細かく多く、を意識してどんどん出してみてください。)
等の可能性があります。

 

 つまり、1〜5のプロセスの中で、問題が出ているケースですね。この問題を1つずつつぶしていって下さい。そうしてからもう一度、1〜5へ挑んで見てください。企業の反応が変わってくるはずです。

 

 就活が大変な中、辛いと思いますが、まだまだできることはいっぱいあります!前を向いて、就活頑張りましょう!



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決