フリーターが正社員として就職する為のコツについて


 経済状況が年々悪化しているにも関わらず、定職に就かずにアルバイトなどで生計を立てる「フリーター」の数も急増してきました。定職を持たない理由として、社会に縛られず、自分のペースでやりたい仕事を探したいという方も多いのですが、軽い気持ちでフリーターになり、そろそろ定職に就こうと就職活動を行っても、年齢やスキルなどの関係で就職先が見つからない…という人が大半を占めています。

 

 20代を過ぎ、更にある程度の年齢までなってしまうと、フリーターから正社員へ就職するのは、とても難しい事です。歳が若くても、「フリーター」というだけで就職を断られてしまう事も多いそうです。一体、どうすればフリーターから正社員へと、就職する事が出来るのでしょうか?

 

 まず、フリーターとしての強みである「社会経験」を、面接時にアピールすると良いでしょう。社会経験とは、アルバイトで培ってきた経験で構いません。むしろ、就職を希望している会社に関連性のあるアルバイト履歴を持っていると、フリーターでも有利になる場合もあります。

 

 時代は代わり、多くの企業は即戦力を求めています。例えフリーターでも中途採用者でも、即戦力となる知識を持った人間であれば、企業は求めてくれるのです。例えば、アルバイトで販売や接客業を行っていた人であれば、営業などの人と接するスキルを必要とする職業で重宝される事と思います。ただ単に好きな仕事が無いからと、適当にアルバイトをしているだけでは、その後の就職も非常に厳しいものとなってしまいます。フリーターが正社員として就職する為には、アルバイトも立派な社会経験の一部になるという事を理解しておくと良いでしょう。



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決