スケジュールを立て、転職活動をスタートするタイミングを考える

 転職活動を始めるタイミングとしては、退職の3ヶ月〜6ヶ月前くらいから始めるのが一般的と言われています。転職活動をスタートして直ぐに良い求人が見つからない場合を考えて、余裕を持ってスケジュールを立てておくことが大切ですね。

 

一般的な転職を決めるタイミング

 平均が3ヶ月〜6ヶ月なのは、転職期間をあまり短く設定すると希望の求人を見つけられない可能性が出てくるだけでなく、あまり長期間になると疲れて諦めてしまう事が理由として考えられます。半年以上転職期間が続くと、疲弊して諦めてしまう確率が高くなるとされていますので、設定した期間に集中して活動するのが重要です。

 

今の会社で働きながら転職をする

 転職する時の大事なポイントとしては、今の会社で働きながら転職活動をする事です。やむなく退職しなければいけない場合を除いては、できるだけ退職前に転職活動を成功させましょう。万が一、転職活動が失敗してしまった際に、生活の基盤を失わないためにも内定前の退職は避けなければいけません。

 

予め選べる求人の範囲をおおよそでも把握しておく

 高卒で就職活動する時に注意しておきたいのは、大卒、短大卒、専門学校卒と違って求人の範囲が狭い点です。学歴が高い人に比べると、選べる求人がかなり少なくなりますので、そこを考慮して転職を始めるタイミングを計画すると良いですね。

 

引き継ぎの期間を考えてタイミングを決める 

 また、今働いている会社に迷惑をかけないようにするには、引き継ぎがきちんとできるタイミングを見計らって転職活動をスタートしなければいけません。引き継ぎの期間は仕事の内容やポストによって相当違ってきますの絵、予めどれくらいの期間が必要なのかを想定しておくと良いでしょう。



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決