高卒が面接試験に受かるためには

高卒者が面接試験に受かるためには

 ここでは高卒で就職したい人に向けて、面接の方法をレクチャーしたいと思います。

 

 面接といえば、高校受験を思い出す人も多いのではないかと思います。あの頃は先生相手に緊張しながら、面接の方法やマナー等を学んだと思います。

 

 しかし、中学時代に習ったそれらは、今回のソレとは似て非なるものです。あの頃はある程度のたどたどしさは許されましたが、就職となったら話が違います。

 

 まずは堂々と、自分の意志がしっかり伝えられるかどうかが大切なのです。高卒で就職となるとただでさえ不利な部分も多く、中には年齢を聞いただけで少し斜に構えて話を聞くような業者もあると聞いたことがあります。そんな不利な状況を跳ね返すためにも、しっかりとした知識を学んでおくようにしましょう。

 

 

何を言えばプラスになるのか…。どんな態度でいることが相応しいのであろうか…。

 当然それらを考えることは大切ですが、そのためにまず、面接とはどのような場所なのか、その意味を理解するようにしましょう。そうすることで、何か見えてくることがあるはずです。面接とはすなわち、「自分を見せるための場所」だと言われています。

 

 そんなの当たり前だと思う人がいるかもしれませんが、実はこれ、案外大切ことなのです。面接官というのは、数ある就職希望者の中から、自社にとって得になるであろう人間を選別しなければなりません。それは、能力ももちろん大切ですが、それ以上に「辞めない根性」と「素直に成長できる能力があるか」に重きを置いています。

 

 ですから、面接官から発せられる質問の一つ一つが、それらの能力がどの程度あるのか見極めるためにあるのです。こうして考えてみると、答え方にも少し違いが出てくるかもしれませんね。マニュアルに頼ったものではなく、自分の考えが言えるようにしましょう。

 

面接での重要ポイント

 面接で見られるモノは、技術や専門知識などではありません。コミュニケーション能力や、マナー、人柄などといった、関わっていく中で必要になる能力があるかどうかの審査です。そういう意味では、お見合いのような感覚と似ているかもしれません。ですから見栄を張って変なウソや思ってもいない綺麗事を言ってもばれてしまうし、評価としてはマイナスになってしまいます。それよりも何より、この会社に入った時に自分がどれだけ頑張れるのか、そのためにどんな意識でいるのか、それをきちんと伝える必要があります。高校受験の時の面接と少し違うのはそういった点です。

 

 

 とにかく、堂々とした態度で自分らしく素直でいること、そうすることで、感じ方も様々違ってくるでしょう。自分の手で良い結果が得られるように、きちんとした考えを持って臨んでくださいね。

 

高卒者が良く利用する求人サイトとは?


 



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決