高校生就活の基本と注意点

高校生就活の基本と注意点

高校生が就職活動で初めにするべきこととは 

 

就活の準備 

 就活には準備が必要です。これは高校生だからではなく、就活する者全てにいえることです。

 

 求人企業には貴方と同じ、またはそれ以上の志をもって大勢の求職者が募ってきます。そんな中で貴方がキラリと光るためには、就活武装する必要があるのです。

 

 提出書類の文字の丁寧さも重要ですが、何といっても第一印象を植え付ける面接対策に力点をおいて対策を練ることがより大切となってきます。

 

 

高校生の就職活動に必要なものとは 

 

 職場でより多くの情報や知識、ノウハウを伝えたり、人間関係を円滑に運ぶコミュニケーションツールは外見の印象と会話力です。

 

外見の印象 

                      

  • “語り”を面接官の耳に届かせるために貴方が面接に向かう髪型、服装、挨拶、マナー、視線等、第一印象を左右するエッセンスを磨きあげて挑むことです。
  •  

                      

  • 口先だけでなく表情や適度が身振り手振りで丁寧な口調で話しかけるように話すのです。

 

ポイント

 毎年採用を行っている人事担当者は、「面接に挑もうと入室してきたその時点で、9割ほど採否が決定する。」ということをよくいいます。その時間、わずか十数秒です。

 

 面接は話題、話し方やその速さ、そして見た目等総合的に判断されます。中でも見た目で判断される割合が過半数を超えます。ですから、面接対策本等で受け答えの丸暗記をするよりも、相手に好印象を与える術を身につけることに重点を置きましょう。

 

 

会話力

 

会話力といっても何も難しい単語やレトリックを駆使したり、格言を織り交ぜた会話…等ではありません。会話しようとする旺盛な行動力のことです。

 

 

 この程度を図るために、多くの採用試験では面接を最重要視しているのです。従って求職者はその為の対策を充分に講じておく必要があるのです。

 

 包み隠しのない真実の自分を見て貰うことが大切だという人もいますが、それは違います。かといって誤魔化しなさい、芝居をしろ…等といっているのでは勿論ありません。言ったところで、直ぐに面接官に化けの皮を剥がされてしまうのが落ちです。

 

 重要なことは、面接でよい印象を与えるためのエッセンスを自分のものにするということです。ですからそこには最早嘘や騙し等はありません。

 

良い印象を与える会話力とは…
  • きちんと自分を語れること
  • 長所や短所、夢、入社したら何をしたいか
  • 自分には人にない何があるか

…等が語れることです。

まず自分を理解してもらうために、自分を語れる自分であることが重要なのです。

 

 

就職活動での注意点とは 

 就活の成功を決めるカギとなるのはやはり面接です。第一印象は採否を決する要だからです。その人の外見の心地よさ、冷静さ、考え方の適正さ、人間味、性格、親密性…これら全てが把握できるからです。

 

 従って就職活動の注意点といえば、この面接をうまく乗り切るために必要なこと、大切なことを考えます。

 

面接の場に慣れよう

 まずは落ち着くことです。この落ち着き対策は、何といっても場数を踏むことです。慣れることです。先生や友人の前で模擬面接に協力して貰いましょう。面接でよく聞かれる内容が記載されている本を渡し、そこから任意に質問をして貰いましょう。貴方の受け答え振りや内容について批評して貰いましょう。

 

服装に気をつけよう

 服装は、リクルートスーツ売り場等の写真や、雑誌を参考にしながら、清潔さを第一にお気に入りの装いをチェックします。香水は控えましょう。よく間違えやすいのですが、スーツに白いソックスは止めましょう。革靴に白い綿性のソックスは似合いません。

 

入室の基本を抑えよう

 さて先述の模擬面接ですが、具体的に次の内容も積極的に取り入れ行ってください。入室時のノック2回、ドアに向き静かに閉めた面接官に後向き返り「失礼致します。」と丁寧な口調で挨拶します。勧められてから椅子に座ります。そして受け答えは質問者に柔和な視線を向けながら、真っ直ぐの姿勢でゆっくりと答えます。せめてこのことを頭に刻みつけ、面接試験に挑みましょう。

 

高卒者が良く利用する求人サイトとは?


 



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決