アルバイトから社員登用を目指そう

アルバイトから社員登用を目指そう!

アルバイトから狙える!「社員登用制度」って?

社員登用制度」とは、アルバイトとして仕事をしている人の中から、能力や適性といった条件を満たした人を改めて正社員や契約社員として採用するシステムです。

 企業側にとっては能力や適性を見るための試用期間としてだけでなく、アルバイトから正社員に登用することで、仕事への意欲や会社への定着率を高める事にも繋がるというメリットがあります。また、雇用される側にとっても、実際の仕事内容や会社の雰囲気を現場で体験することで向き不向きが確認できますし、ある程度の経験を積んだ上での正社員への登用は、仕事上の責任感や意欲が高まるだけでなく、収入の安定や報酬アップに繋がるため、大きなメリットとなります。

 

 最近では大卒の就職状況ですら厳しく、高卒の就職率も当然思わしくはありません。また、一旦は就職したものの、現在ではアルバイト生活を送っている、という方もいるでしょう。とは言え、収入や雇用、福利厚生が保障されている点で、正社員として働くことはやはり魅力的です。このアルバイトから正社員になれる「社員登用制度」を導入している業界は少なくありませんので、この制度を活かして正社員としての職を得るのも一つの方法だと思います。

 

 

社員登用が導入されている業種とは?

 アルバイトから社員への登用は、どの業種でも導入しているものではありません。社員登用のあるアルバイトを探すなら、インターネットのアルバイト情報サイトで検索するのがおすすめです。「社員登用あり」などの検索項目で簡単にピックアップすることが出来ます。参考までに、社員登用されやすいアルバイトをいくつかご紹介します。

 

フード系のお仕事

 アルバイトの求人数も多いフード系のお仕事は、ホールやキッチンスタッフといった仕事内容になります。チェーン展開しているお店が多いため、店長候補などの正社員登用が期待できる業種です。社員登用の中でも最もポピュラーな部類といえるかもしれません。

販売系のお仕事

 アパレル販売や携帯電話ショップなど、販売系のお仕事も正社員登用が期待できます。接客態度や販売成績が重視される傾向にあります。販売系アルバイトの経験はあらゆる業種で役に立つため、つぶしの効く職種ともいえるでしょう。

IT関連のお仕事

 まだまだ伸びしろの多いIT業界の中でも、Webデザイナーやプログラマーは求人も多く、能力次第で正社員への登用が期待できます。未経験可の求人もちらほらと見受けられ、働きながら実力をつければ手に職をつけることもできます。

 

 

 ここで挙げた以外にも社員登用制度を導入している業種はありますから、自分に向いている仕事を探し、積極的に仕事に取り組みましょう。また、正社員への登用を希望している事をあらかじめ伝えておくことも大切です。



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決