高卒でも社会保険労務士になれる?

高卒でも社会保険労務士になれる?

社会保険労務士はどんな資格?


 社会保険労務士は一般的に企業などで、社会保険や人事、労務に関連した問題について相談に乗り、適切な方向性に導くことを業務にしています。

 

 具体的には労働組合が主張するような労働時間や給与水準、仕事環境などについて社内で適切な対応が取られるようにすることなどになります。

 

 

社会保険労務士になるには?

 社会保険労務士になるには、大学の一般教養課程を修了するか、大学において62単位以上を修得するか、短大、高等専門学校を卒業するか、修業年限が2年以上の専門学校で1700時間以上の授業を受けて卒業するなどといった条件が必要になります。
ただ行政書士資格を取得すれば高卒でも受験資格が生まれます。
 このため最初に行政書士資格を取って、その後社会保険労務士の資格を取るという道が想定されるでしょう。

 

取得するメリットは?

 

 現在日本国内では派遣社員などに関連したいろいろな問題が取りざたされているようですが、その様な問題などと関連して、社会保険労務士の業務は企業などから今後とも一定の需要があると思われます。またその様な報酬的な面のみではなく、一般的に企業の中での幅広い業務を対象にすることなどから、仕事自体に価値観を感じられるということが言えるかもしれません。基本的に独立も可能です。
 また社会保険労務士の資格は一般的に知名度がありますから、資格を取得すれば就職などである程度有利に働くということもあるかもしれません

 



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決