高卒でも健康管理士一般指導員になれる?

高卒でも健康管理士一般指導員になれる?

健康管理士一般指導員はどんな資格?


 今日の人々は、その生活習慣から、健康上でいろいろな問題を起こすケースが指摘されています。食べ過ぎと運動不足から生まれる肥満はその一つですし、高血圧や高血糖という状況に陥り、悪くすればがんや糖尿病などに至るということが考えられます。

 

 健康管理士はどのようにすればその様なことにならずにすむかということを人々に伝え、未然の防止や、悪い状況の改善をアドバイスしたりする仕事で、最近ではその重要性から資格を取得しようとする傾向が強くなっています。現在約60,000名の健康管理士一般指導員が、さまざまな分野で知識を活かして、活躍しています。

 

 また、定年退職後のセカンドライフとして業務を行っている人もいます。

 

 

高卒でもなれる?方法は?

 健康管理士一般指導員は、次の2種類のいずれかの条件を満たした場合に受験することができます。まず第一は試験日の1ヵ月前までに「健康管理士一般指導員受験対策講座」を修了する、第二は健康管理士一般指導員養成校として登録されている学校指定のカリキュラムを修了するというものです。

 

学歴での制限はありません。

 

 

取得するメリットは?

 今後日本の社会は高齢化社会となるため、高齢者の健康に大きく関わる健康管理士一般指導員の仕事は重要となるでしょう。またその活躍の現場は一般企業、官公庁、病院、エステティックサロンなど様々ですから、バリエーションの豊かな方向性を探れます。

 

 また身に付けた知識は自分や近しい人の健康に役立てることができます。



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決