厳しい医療事務への就職

 就職を考え資格試験にチャレンジしようと考える人も多いことでしょう。けれども学歴などで引っかかることもありますよね。医療事務なら、学歴は関係なく試験を受けることができるので、たとえば高卒の人でも受験可能なのでうれしい職種です。

 

 医療事務は、家庭と両立しやすいお仕事だといわれています。ですから女性の職場と言う雰囲気です。仕事の内容は、医療費を算定し健康保険組合などに請求するレセプト業務が主な仕事となります。そのほかにも受付、電話応対、会計、予約などの窓口業務で患者さんの相手をしたり、病棟クラーク業務、カルテ管理などなど、多岐にわたります。ですから黙々と事務を行うだけでなく、コミュニケーション能力の高さも求められます。

 

 医療事務のための試験も複数あり、「診療報酬請求事務技能審査試験」と「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク検定)」は厚生労働省認定です。民間資格でも「医療事務管理士技能認定試験」や「保険請求事務技能試験」などは認知度も高くなっています。

 

 ただし、医療事務は資格を取得しても職に就くのは難しいのが現状です。というのも、比較的取得が簡単なわりに人気が高いため、合格者が飽和状態にあるのです。また、医療事務は資格がなくてもできる職種で、実際に働いている人の中には無資格の人もいるようです。求人も経験者を求めるものが多く、未経験者の場合、試験に合格していても正社員になるのは難しいかもしれません。

 



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決