学歴を問わない資格、中小企業診断士

 就職・転職を有利にするために、難関の資格試験の取得は有効です。誰にでも取れる簡単な資格ではそれほど注目を受けることはありませんが、「中小企業診断士」レベルの難関資格であれば就職・転職の際に大分有利になるでしょう。

 

 「中小企業診断士」は、中小企業支援法に基づいて経済産業大臣が登録する国家資格で、経営の診断及び経営に関する助言を業務とする士業の一つです。コンサルタント系では唯一の国家資格となり、名刺に記載すれば箔づけにもなります。

 

 受験資格は年齢・性別・学歴・職歴を問わないので高卒者でも受験が可能なのが魅力です。

 

 中小企業診断士を取得した後に独立開業する人は約3割ほどで、残りの7割は企業内診断士として企業に残っているようです。企業によっては資格取得者に資格補助金を出したり、昇給、昇進の評価材料としてみているようです。

 

難易度は?

 試験の難易度は比較的難しい資格の部類に入ります。1次試験は多肢選択式または短答式による筆記試験で、2次試験は筆記試験と口述試験です。独学で勉強する人もいますが、専門の学校に通っている人も多くいます。

 

 中小企業診断士の登録者の志望動機は、「経営全般の勉強などの自己啓発、スキルアップを図る」が一番多くなっています。独立開業を目指す人がそれほど多くない理由として「実力不足」と「開業後の収入が不安」があがります。

 

 この資格を取ることで、ビジネスパーソンとしてのスキルアップにはつながりますが、資格合格くらいでは独立開業ができるまでの実力はつかないという見方が多いのでしょう。しかし中小企業向けのコンサル会社や金融業界であれば、転職に有利に働くことも多いので興味があればぜひチャレンジしてください。

 

 

 

 



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決