貿易実務のエキスパート「通関士」

 貿易立国である日本にとって、輸出入の仕事はこれからも増えてくることは間違いありません。そのため貿易実務のエキスパートである「通関士」の需要は今後も伸びていくことでしょう。

 

 通関士とは、財務省管轄の貿易業界での唯一の国家資格です。そして実際に物を輸出入する人に代わり、税関への申告などの業務を代行する職業を行う人を指します。学歴、年齢、経歴、国籍などの制限がなく、高卒者でも試験を受けることができる国家資格です。

 

 通関士の主な仕事は、「通関手続きの代理」「通関書類の作成代行」「関税計算書等の審査」「不服申し立ての代理」「主張・陳述の代行」などです。

 

 通関士試験の内容は、「通関業法」「関税法」「関税定率法及びその他関税に関する法律」「外国為替及び外国貿易法 」「通関書類の作成要領及び実務」からなり、法律の勉強がメインなので最初は取っつきにくそうですが、通信講座や専門の学校などでしっかり勉強すれば合格も夢ではありません。

 

 通関士が活躍する業界は、通関業の免許を取得してる運送会社や輸出入品を管理する倉庫会社、海外を行き来する海運会社などです。通関士の試験内容は輸出入業務に直結しているので、前記の業界では通関士の資格をもっていたら就職に有利となります。ほかにも輸出入を行っている商社やメーカー、自社通関している会社への就職は有利になる可能性があります。

 

 ただし資格があれば確実に就職できるわけではありません。しかしやや難しい資格ですから、合格者の頑張りを企業は認めてくれるはずです。興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決