弁理士目指すなら、期末テストの赤点は気にするな


 高校のときの成績が最悪だから軒並み合格率10%そこそこの弁理士を目指すなんて無理に決まっているといって、初めからあきらめてしまうのは実にもったいないことです。弁理士試験に出る問題は高校で勉強した科目とぜんぜん違うのですから。

 

 弁理士は会社が保有する知的財産権を保持・登録することによって、真似を含む不当な侵害を排除し、企業または発明・著作者等個人の利益を守る専門家で、活動領域は全世界に及びます。今多くの企業では開発や製品化に伴う著作権や特許権、商品名等の商標、会社名等の商号、商品の色形を保護する意匠権等の権利を守るためいち早く登録を済ませる企業がたくさんあります。グローバル化によって侵害の手は世界中からやってくることを想定し予防する必要があり、弁理士の役割はいっそう高まりを見せています。

 

 さてこの弁理士ですが、先述したように学生時代赤点ばかりだったからといって速攻で諦めてしまうことはないのです。そもそも心底頭が悪い人ってめったにいるものではありません。なのにテストのたびに赤点とはどういうことか、ですが、それは単に勉強の仕方を知らないからなのです。わからないことが多いほどわかることが多い筈です。ですから分かる体験をすればするほど勉強が楽しくなり、もっと知りたいと限られた時間の中で学ぶ工夫をするものですが、そういった議会に会わなかっただけです。というか気付かなかっただけなのです。恐らく自分はバカだと自らどでかいレッテルをはっているせいでしょう。

 

 理由はどうあれ、高校の成績がどうあれ、弁理士を受験しようとするには、自分に合った勉強の仕方を知ることが大切です。といっても見当がつかないでしょう。そういう時はネット等で弁理士の合格体験記などをみて、取りあえずいろいろな勉強パターンを知ることから始め、ピントきたものから自分でも試してみるのです。そうすると、10日もすれば、自分になっているな、結構楽しいなとか全然合わない…等といったことが分かってきます。そうして(これだ!!)と思ったら、それを続けることです。継続は合格への最短距離を教えてくれる筈です。

 

 高卒でもしっかり勉強すれば合格する資格です。貴方に合った勉強法でせめて2年以内の合格を目指してください。自営も可能ですが、まずは専業事務所から仕事をはじめ、将来の顧客獲得のための人脈を作りましょう。



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決