デザイン系職種希望なら「Photoshopクリエイター能力認定試験」

 自分の想像力を生かしてゼロから何かを作り上げるクリエーターって憧れますよね。できることなら自分も、クリエイティブな仕事をしてみたい!と思う人は、ぜひ「Photoshopクリエイター能力認定試験」を受験しておきましょう。

 

 「Photoshopクリエイター能力認定試験」は、クリエーターからも信頼されているソフトPhotoshopを使ったデジタルコンテンツの作成能力や、画像編集技術について、操作能力や知識を認定するための資格です。

 

 目指す就職先は、Web制作会社、デザイン業界、印刷業界などと多岐に渡ります。資格を取ったからと言って、業界経験のない高卒者がいきなり就職できるほど甘い世界ではありませんが、この資格を取得することで最低限必要なソフトが使える証になります。未経験者には狭き門となりますが、就職不可能という訳でもないので若さを売りに仕事探しに挑みましょう。その第一ステップがPhotoshopクリエイター能力認定試験の合格です。

 

 試験はスタンダードとエキスパートがあり、スタンダードは小問題の実技試験と1つのテーマの作成。エキスパートは知識問題および実技試験と1つのテーマの作成となります。

 

 合格を目指すのならスタンダードで20時間、エキスパートで18時間は最低でも勉強しましょう。それほど難しい内容ではないので独学でも合格可能ですが、スクールもあるので自分に合った勉強法で目指してみてください。どれくらいのレベルなのか知るには公式HPのサンプル問題を解いてみるといいでしょう。

 

クリエーターになる夢に向かって第一歩を踏み出すかどうかはあなた次第です!



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決