進むグローバル化…あなたの英語力は大丈夫?


 日本国内の経済が低迷する中、少子高齢化の波と共に国内経済がシュリンクしていくため企業内の海外事業に対する比率は益々高まります。そのため、これまでの内需中心であった企業も大企業だけではなく中小企業までもが海外に活路を求める動きが加速しています。
 そんな中で、就職及び転職市場で求められる人材は、海外での勤務経験がある人材やグローバル人材としてバイリンガル、トリンガルの外国人の採用が増加しています、

 

 今の20代は、バブル世代ほど海外志向が強くないが、少子高齢化に伴う国内経済の縮小で国内ビジネスしか知らない、グローバル人材でない場合には、今後仕事にあぶれてしまうリスクも自覚している人もいるようです。
 そんな中、三井物産が海外駐在員とネットをつないで会社説明会を開くということは、若手の採用からグローバル人材が足りないということではないでしょうか。

 

 資源高の恩恵を受けて高利益の商社でさえも、採用時点からグローバル人材候補生を募ることは、20代の中でもグローバル意識が問われており、候補者にとっても海外駐在のイメージや視覚化ができて魅力を感じるのではないでしょいか。

 

 20代の就職は、30代40代になった時の、生活レベルが変わってくるため最初の企業選択が非常に重要になってきます。早いうちから、TOEICで600点以上を取得するか海外留学をして海外経験をしておくことが、グローバルで戦っていかないといけない時代についていけなくなるため意識改革が必要ではないでしょうか。

 

 



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決