30歳以上の再就職は難しいですか?

30歳以上の再就職は難しいですか?

 

 

30歳からの転職は、これまでの経験やスキル、資格、マネージメント経験、人脈などにより、また、35歳以下35歳以上といった年齢によっても再就職の厳しさは異なります。

 

世間一般的には、転職のタイムリミットは35歳と言われ、企業は法律で年齢による採用規制を撤廃されても実際の採用基準では35歳までの人材を採用しようとします。その理由としては、定年まで25年を切るような年齢の人材では、組織内で役職といったキャリア形成をしていくため、マネージメント層を育てるには時間が足りないためです。

 

よって、転職を考える場合には、35歳までに転職を終えておかないと35歳前後では企業の採用ハードルが変わるため、転職活動の内容も不利になりがちです。

 

しかし、すでに特定の職種や業界でスペシャリストとしての経験やスキルがあれば、即戦力として活躍できるため年齢的なタイムリミットは、さほど意識する必要はないでしょう。また、30代前半前半では、未経験業界や職種に再就職できる可能性もまだ若干あるため、できるだけ早く転職するほうが良いでしょう。

 

35歳前後までであれば、まだまだ転職または再就職先を自分の意思のままに選択できる可能性や、年収UPや待遇を上げられる可能性が残っているのです。

 

いずれにしても、30代は、子供の養育費や教育費、住宅ローン費など出費が多く社会的にも責任のある年代のため、最後の転職としておくためには、性急に決断をせずに慎重に次の職場を探す必要があります。
.



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決