日勤の工場に転職するリスク

印刷工場勤務で夜勤の工場です。友達と休みの時間帯が合わないので転職したいのですが、日勤の工場に転職するリスクを教えてください。

 

 現在夜勤の時間帯で勤務されているとのこと。多くの人は日中働いているため、夜勤だと友達と遊ぶことが難しかったり、家族や恋人と生活リズムが合わないと悩んでいる人も多くみられます。そうした理由で転職をする人は少なくありません。

 

 日勤の工場を希望されているとのことで、そんなに条件をつけなければ転職することは可能かと思います。23歳であればまだ若いですし、高卒で仕事をされているのであればキャリアも5年目でまさに脂が乗った状態といえるでしょう。

 

 

 日勤へ転職した際のリスクですが、ズバリ「給料」です。夜勤は夜勤手当や残業をしても、日勤よりも多くの賃金が支払われていることがほとんどです。日勤に切り替えるとなると今の給料の2割ダウンは覚悟しておかなくてはなりません。

 

 自宅暮らしであれば問題ないかと思いますが、通常に考えて2割ダウンの給料は生活水準を落とさなくてはならず、けっこう辛くなることが予想されます。まして若い人であれば車や服にお金をかけたり、飲みに行く機会も多いことでしょう。給料が減っても問題ないか?ということが大きな焦点になるかと思います。

 

 何事もそうですが、何かを得れば何かを失うものです。相談者の場合、周りとの時間を失っている代わりにお金という対価を得ています。日勤勤めとなるとお金を失う代わりに時間を確保できるというメリットがあります。これらを天秤にかけ、じっくりと検討されるといいと思います。

 

また1年位必死で頑張って、例えば公務員を目指すとか何かの資格を取得するといった方法も可能です。高卒の方であれば公務員になるのが待遇面も含めて条件がいい転職になるはずです。今一度検討してみてください。

 



TOP おすすめ就職サイト 就職活動対策 資格ガイド 就職・転職の疑問解決